本をさがそう
本の詳細
伊集院 静 少年小説集

@親方と神様

伊集院静 著/木内達朗 イラストレーション
@親方と神様
  定価(本体1,200円+税)
判型: A5変型判
サイズ: 18.6×15.6cm
ページ数: 56頁
ISBN: 978-4-7515-2945-4
NDC: 913
初版: 2020年2月
対象: 一般
カートに入れる
鋼と火だけを相手に、人生の大半を過ごしてきた鍛冶職人の前に現れたのは、澄んだ瞳をした12歳の少年だった。
少年は、鍛冶屋になりたいから、仕事を見学させてほしいと言う。年老いた職人は少年のその純粋でひたむきな姿に心が動き見学を許した。
少年は、毎日訪れるようになり、職人も鍛冶のことを話してやり、二人は心を通わせていった。
職人は、少年が鍛冶屋になりたいというのは、子どもの気まぐれだと思っていた。

後日、少年の母親が訪れた。要件は、少年が中学校にいかずに鍛冶職人の修行をしたいと言い出したので断ってくれということだった。
しかたなく承諾した職人だったが、自分は口べたなので、少年に話して説得できる自信がなかった。話せば話すほど、少年は自分に裏切られたと思うに違いない。

職人は考えた末、自分が親方から聞いたことを、当時と同じように山へ出かけて、少年に話してみることにした。

山を歩きながら、彼は鍛冶がいかに素晴らしい仕事であるかを少年に話した。

それは、説得とはまったく逆の話だったが … …。

年老いた鍛冶職人は少年を、いかに育てたのか?
子育てとは。人育てとは? 伊集院 静が贈る珠玉の短編小説!

<書籍レビュアーより>

人の成長とは何なのか。人として大切なことは何なのか。静かな短編の中に凝縮している。素直に受け取ってもらえる言葉を、丁寧に紡いだという印象の作品だ。読んでよかったと心から思う。

鍛冶屋になりたいと、老職人を訪ねる少年。二人が過ごした時間は短いが、少年は老職人の姿から様々なことを学んでゆく。同時に老職人は少年の真摯な姿に自身の子供時代を重ねつつ、これまで感じたことのない感情を知る。

老職人の死によって物語は終わったように思ったが、その本当の結末に涙した。
木内達朗氏のイラストがこの静かな作品世界を広げている。作品と一緒に楽しんでほしい。( 諸見里杉子 / 朗読者・書籍レビュアー )


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2020 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。