本をさがそう
本の詳細
2020年版 教科書にでてくる読み物〔小学校編〕

写真でみる世界の子どもたちの暮らし─世界31ヵ国の教室から─

ペニー・スミスザハヴィット・シェイレブ 編著/赤尾秀子
写真でみる世界の子どもたちの暮らし─世界31ヵ国の教室から─
  定価(本体3,200円+税)
判型: B4変型判
サイズ: 30.5×25.7cm
ページ数: 80頁
ISBN: 978-4-7515-2052-9
NDC: 371
初版: 2008年1月
対象: 小学校高学年〜
カートに入れる
31ヵ国、42人の子どもたちが、自分の学校生活を紹介。目の運動は必須科目…中国、通学はヘリコプターで…ロシア、ほか。


世界31ヵ国、42人の子どもたちが、自分の学校生活を紹介します!

・目の運動は必須科目………シンペイ/ジーユイ(中国)
・朝ごはんも学校で配られます………マリア(ペルー)
・通学は、ヘリコプターで?!………アレクセイ(ロシア連邦)
・4歳の子も6歳の子もいっしょに新入生………マイケル(アイルランド)
・放課後にチェスを教えてくれる学校………イーティン(中国)
・答えは、紙に書かずに洗濯ばさみで………ファニー(ドイツ)などなど

学校のこと、家族のこと、夢中になっていること、
そして将来の夢まで語ってくれました。
びっくりするような相違点もあれば、意外な共通点も!
世界各国の教室風景も満載!
世界の子どもたちの<今>が、ビジュアルでわかります。



『写真でみる世界の子どもたちの暮らし』はユニセフの活動を支援しています
“ユニセフ(国連児童基金)は、世界じゅうの子どもたちの力になれるよう、さまざまな活動にとりくんでいます。たとえば、洪水や地震などの災害にあった地域に小さな学校を贈るのも、そのひとつです。小さな学校はスーツケースくらいの箱で、スクール・イン・ア・ボックス(箱に入った学校)と呼ばれます。
2005年、ぼくはアジアで大きな津波が起きたあと、スクール・イン・ア・ボックスを詰める手伝いをすることができました。その後、この小さな学校は、被災地で仮設の教室(たいていは野外です)をつくっている先生たちのもとにとどけられました。災害でなにもかも失った子どもたちは、学校がきちんと再建されるまで、これで勉強することができるでしょう。
『写真でみる世界の子どもたちの暮らし』は、1冊あたり約100円がユニセフに寄付されて、スクール・イン・ア・ボックスの資金になります。子どもたちが勉強し、ひいては明るい未来をきずくお手伝いができるのです。
みなさんのご協力に感謝します。”
デイヴィッド・ベッカム
ユニセフ親善大使

どんなものが入っている?
スクール・イン・ア・ボックスに入っているのは、みんなが教室でよく使うものばかりだ。たとえば練習帳とかえんぴつ、消しゴム、はさみとかが、鍵のかかる金属の箱に詰まっている。この箱ひとつで、先生ひとり、生徒80人の授業ができる。
・教科書をいれる袋
・ポスター
・三角定規
・定規
・時計
・白チョーク
・色チョーク
・色のついたキューブ
・クレヨン
・練習帳
・黒板消し
・小黒板
・はけ
・黒板塗料
・ペン
・メジャー
・大きなはさみ
・安全ばさみ
・粘着テープ
・大きなコンパス
・えんぴつ
・えんぴつ削り
※箱のふたは特別な塗料でぬられているので、黒板がわりになる。

希望を詰めた箱
スクール・イン・ア・ボックスをはじめとするユニセフの活動や寄付の詳しい情報については、http://www.unicef.or.jp/にアクセスしてください。

※この本の売り上げの中から、1冊当たり、約40ペンス(約100円)がユニセフに寄付されます。


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2021 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。