本をさがそう
本の詳細

ミラート年代記2 タリンの秘密

ラルフ・イーザウ 著/酒寄進一 訳/佐竹美保
ミラート年代記2 タリンの秘密
  定価(本体2,400円+税)
判型: 四六判
ページ数: 576頁
ISBN: 978-4-7515-2412-1
NDC: 943
初版: 2009年4月
対象: 小学校高学年〜
品切れ
ふたたび担ぎだされた魔剣<悲痛>。双子の王エルギルとトウィクスの運命は……?! 波瀾に満ちた一大冒険スペクタル、ファン待望の第2弾!

特集ページはこちら
【著者紹介】
著者:ラルフ・イーザウ(Ralf Isau)
1956年ベルリン生まれ。コンピュータ・プログラミングの仕事のかたわらファンタジー小説を書きはじめ、作品がミヒャエル・エンデの目にとまり、作家デビュー。1997年、『盗まれた記憶の博物館』(あすなろ書房)で、ドイツ児童書界で権威あるブックステフーダー雄牛賞を受賞。おもな著書に『ネシャン・サーガ』シリーズ(あすなろ書房)、『暁の円卓』(長崎出版)、『ファンタージエン 秘密の図書館』(ソフトバンククリエイティブ)などがある。
訳者:酒寄進一(さかより しんいち)
1958年生まれ。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て、現在、和光大学表現学部教授。児童文学を中心に、現代ドイツ文学の研究紹介をおこなっている。おもな訳書にラルフ・イーザウの諸作品、『ベルリン』三部作(理論社)、『影の縫製機』(長崎出版)などがある。
画家:佐竹美保(さたけ みほ)
1957年生まれ。「奇想天外」の仕事を皮切りに、SF、ファンタジーなどの分野で多くの作品を手がける。主な作品に『ネシャン・サーガ』シリーズ(全3巻 あすなろ書房)、『不思議を売る男』(偕成社)、『メニムー家の物語』シリーズ(講談社)などがある。


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2022 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。